障害等級1~3級

「国民年金法試行令」と「厚生年金保険法施行令」により、障害年金が支給される「障害の程度」について障害等級1~3級が定められています

ベッド日常生活のほとんどを他人の介助なしでは行えず、在宅介護や入院等が必要で、活動できる範囲がベッドの周辺に制限される状態の人が障害等級1級に相当します。

次に2級に相当する障害とは、必ず他者の助けが必要なわけではないが、日常生活に深刻な困難を伴い、仕事をして収入を得ることができない状態です。在宅、入院に関わらず、活動できる範囲が家屋内、病院内に制限される人が障害等級2級と判断されます。

3級に相当する障害は、労働を行うのに著しく制限を受ける、もしくは労働を制限することが必要な状態です。日常生活にはさしたる支障はないが、労働に困難が伴う人が障害等級3級となります。

本人または家族による支給申請が、障害年金の支給を受けるためには必要となります。手続きについてよく理解できるよう、まず日本年金機構の「ねんきんダイヤル」に電話をしてみましょう。最寄りの年金相談センターや年金事務所を訪問して相談してもよいと思います。相談をする際には、障害年金支給を申請したい人の基礎年金番号や、病歴、障害の状態を説明する資料を持っていくようにしましょう。